朝4時起きを習慣化した僕の、早起きの方法

習慣

どもヨシです。

最近、朝活が流行っていますが

正直朝起きるのがしんどい、二度寝してしまう、三日坊主になってしまうって方も多いかと思います。

今回は朝4時起きを習慣化して、朝活を8か月実践している僕が習慣化のコツをお教えします。

◆早起きを習慣化する、早起きの方法

早起きって辛いですよね。
僕はもう習慣化しているので、何とも感じませんが最初は本当に辛かったです。
でも、これから紹介することを実践すれば、早起きをして朝活をすることもできると思います。
①目標を書き出す
一番大切なことは、そもそも何のために朝活をするのか?
自分の目標は何なのか?という明確なものを自分自身で理解して実践する必要があると思います。
あくまで朝活は手段です。
イメージとしては以下のような感じですね。
・目的:資格を取りたい
・出来ていない理由:仕事終わりでは疲れてやる気が起きない、家事などで時間が捻出できない
・どうすればできる:誰にも邪魔されない時間を作りたい
・行動:朝であれば時間を作れるので朝活を行う
ざっくりですがこんな感じです。
実際に大切なことは目的です。
ここがブレてしまうと朝活をしても何も意味ないです。
1年後、3年後、5年後、自分自身がどうなっていたいのか?
僕の場合は副業の勉強、筋トレ、健康の3つの為に朝活をしています。
実際には本業の勤務時間も早いので、この時間に設定していますが、
ご自身の出勤時間などに合わせて、起きる時間を設定して実践するのが良いと思います。
②早寝をする
そんなの当たり前だろ!!バカにしてんのか?
と、怒られそうですが、、、
でも、これは本質です。
睡眠時間を削ることはいけないと思います。
睡眠時間を削って、早起きをして朝活をしても本業に支障がでては意味がありません。
何より睡眠不足は生産性が落ちます。
僕は7時間は寝るようにしています。
4時起きなので21時には寝ています(笑)
今日は21時過ぎているので夜更かしですwww
帰宅する時間が遅い方もいるので、一概にこの時間に寝てくださいとは言えませんが、
例えばiPhoneを使っている方であれば、寝る時間を教えてくれるベットタイムという機能もあります。
僕はこのベットタイムを使っています。
色々なアプリもあるんで使ってみるのも手です!
③携帯を見ない
ベットに入ったは良いけど、携帯をいじってYouTubeを見たりネットサーフィンしてる人いませんか?
寝る前の携帯電話は禁止です。
これは医学的な照明もあるそうで、良く聞く話だと思いますが
人には日光を浴びると覚醒して、夜は眠くなるという睡眠のリズムがあるそうです。
寝る前に携帯電話を見ると、脳が錯覚して「朝や!」ってなってしまうようです、、、
んな、アホな。。。
って思うかもしれませんが、そもそも携帯をいじっている時間ももったいないですよね?
僕は寝ると決めたら徹底的に寝ます(笑)
④カーテンを開けて寝る
これは先ほどの話の続きになるかもしれませんが、
カーテンを開けて寝ることで、朝には日光を浴びることになります。
これにより脳も「朝や!」ってなるんですね!
4時はまだ暗いですが(笑)
でも、5時から6時くらいなら朝日も出てきて、気持ちよく起きれることでしょう。
⑤1週間何としても続ける
根性論か!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際これは本当に大切です。
1週間出来れば、1か月出来ます。
1か月出来れば、半年出来ます。
半年出来れば、1年出来ます。
僕はまだ8ヶ月ですが、1年出来ると確信しています。
それは、すでにこの状態は習慣化されているからです。
そうなんです。
すでに1週間続けると、もうほぼ早起きのループが始まっています。
なので、土日や休日も必ず同じ時間に起きることをお勧めします!!
お酒を飲んだ翌日や、少し夜更かししても習慣化しているにで、体が勝手に起きてしまうんです。
さらに実践して分かりますが、このループにハマると朝7時とか8時に起きるとめちゃくちゃ勿体なく感じます。
あ~寝すぎちゃったとか、すごい残念な気持ちになります。
僕は6時に起きたことがあって、すごいもったいなく残念な気持ちになりましたw

◆結局、やるのは自分!

行動するかどうかは自分次第です。
これを言ってしまうと、結局それかよと思われると思いますが。
最初に言った、目的は何なのか?これを本当に意識してほしいと思います。
30分でも早く起きて15分勉強するだけで、1年後にどれだけ変われるか?
僕も最初は10分早く起きよう、出来てきたら15分早く起きよう、、、
と伸ばしていき、結果的に4時起きを実践できています!
僕にできて皆さんに出来ないわけはないです!
早起きをして、朝活を実践したい人は是非参考にしてみてください!
それでは、また

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました